プラネタリウムのふたご

講談社文庫

いしい しんじ

2006年10月13日

講談社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。-星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、彗星にちなんで名付けられたふたご。ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?こころの救済と絶望を巧まず描いた長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.98

読みたい

17

未読

5

読書中

3

既読

42

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

愛あるウソの物語

starstarstar
star
3.7 2022年02月20日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

串だんご

愛あるウソの物語

starstarstar
star
3.7 2020年02月09日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください