ネジ式ザゼツキー

講談社文庫

島田 荘司

2006年10月13日

講談社

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

記憶に障害を持つ男エゴン・マッカートが書いた物語。そこには、蜜柑の樹の上の国、ネジ式の関節を持つ妖精、人工筋肉で羽ばたく飛行機などが描かれていた。御手洗潔がそのファンタジーを読んだ時、エゴンの過去と物語に隠された驚愕の真実が浮かびあがる!圧倒的スケールと複合的な謎の傑作長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

13

未読

14

読書中

0

既読

48

未指定

54

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

島田荘司「ネジ式ザゼツキー」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

安楽椅子探偵 御手洗潔

starstarstar
star
3.4 2021年08月25日

今回は研究室を一歩も出ることなく30年前に起きた不可解な事件を解決してしまう。相変わらずの名探偵ぶり。 終盤は読み応えがあった。 しかし最近つくづく思う。 御手洗シリーズは、石岡和己にという人間によって紡がれることに面白さがあるのだと。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください