四季 冬 Black Winter

講談社文庫

森 博嗣

2006年12月15日

講談社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の一つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、四部作完結編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

11

未読

17

読書中

0

既読

101

未指定

124

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森博嗣「四季 冬」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください