グランド・フィナーレ

講談社文庫

阿部 和重

2007年7月13日

講談社

513円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「二〇〇一年のクリスマスを境に、我が家の紐帯は解れ」すべてを失った“わたし”は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕方」二人の女児と出会った。神町ー土地の因縁が紡ぐ物語。ここで何が終わり、はじまったのか。第132回芥川賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.13

読みたい

7

未読

8

読書中

1

既読

34

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とめ

表題作グランドフィナーレはどうでもよろしい駄作

starstar 2.0 2022年08月18日

馬小屋の乙女はファンキーで2重〇。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください