岳飛伝(四) 悲曲篇

講談社文庫

田中 芳樹

2008年2月15日

講談社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

常勝・岳家軍の活躍により、金との間に和約を結んだ宋。だが、各地の賊魁を討ち取る戦いは続いていた。その隙を突き、宿敵・兀朮は百万と号する大軍を率い、再び侵攻を開始する。さらに、奸臣・秦桧のおぞましき罠が、岳飛や長子・岳雲に迫っていた。中国史上屈指の名場面が連続する、一読三嘆の第四巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

2

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください