日暮らし(中)

講談社文庫

宮部みゆき

2008年11月30日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

佐吉が人を殺めた疑いを受け、自身番に身柄を囚われた。しかも殺した相手が実の母、あの葵だという。今頃になって、誰が佐吉に、十八年前の事件の真相を教えたりしたのだろう?真実を探し江戸を走り回る平四郎。「叔父上、わたしは、本当のことがわからないままになってしまうことが案じられるのです」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

0

未読

12

読書中

0

既読

131

未指定

162

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

歌菜

巡る因果

starstarstar
star
3.9 2023年08月14日

「ああそうだ、こういう話だった」と懐かしくなりながら再読。上巻までの短編が、本筋の話に繋がって湊屋を巡る物語は佳境を迎える。湊屋の薄暗い因果にどんよりした気持ちが、お徳さんの優しさや、いつもどおりの井筒の旦那に癒された

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください