黙契 交代寄合伊那衆異聞

講談社文庫

佐伯 泰英

2008年11月14日

講談社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

二月の謹慎中にひそかに玲奈と渡った清国で、剣豪旗本座光寺藤之助は幕府存亡の危機を自覚する。蟄居あけを総出で祝福してくれた長崎への藤之助なりの答礼は、町じゅうを敵に廻す大目付大久保純友との対決!そして江戸帰還を前に、玲奈と交わす二人きりの儀式とは!?疾風シリーズ第8弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.33

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

29

未指定

36

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.3 2018年01月29日

シリーズ第八弾。解説でも書かれているが、数多くの佐伯作品の中でもジェットコースターに乗っているかのような展開のはやさを見せているのが、このシリーズである。伊那の山奥から出てきて江戸で活躍するのかと思いきや、あっという間に長崎に行ってしまい、挙句の果てには海外まで出て行ってしまう。この展開の早さに、ついシリーズの中の時間軸を忘れてしまいがちなのだが、江戸を出立して一年ほどでしかない。このジェットコースターのような展開の早さは解説の中で著者が語っているように、幕末をいう激動の時代を舞台にしていることもあるのだろう。また、そうした激動を表現するためにも展開というのを早くしているのかも知れない。確かにココまで展開が早いと激動という表現がマッチする。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください