アラミスと呼ばれた女

講談社文庫

宇江佐 真理

2009年4月15日

講談社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

安政三年、肥前長崎。出島で働く父から英語や仏語を習う十歳のお柳。「うち、お父ちゃんのように通詞になりたかとよ」。女人禁制の職に憧れる幼いお柳の運命は、釜次郎、のちの榎本武揚との出会いによって大きく変わっていく。攘夷運動、大政奉還から戊辰戦争へ。激動の時代に消えた一人の「男装」の通詞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.57

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

14

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください