新装版 限りなく透明に近いブルー

講談社文庫

村上 龍

2009年4月30日

講談社

550円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

米軍基地の街・福生のハウスには、音楽に彩られながらドラッグとセックスと嬌声が満ちている。そんな退廃の日々の向こうには、空虚さを超えた希望がきらめくー。著者の原点であり、発表以来ベストセラーとして読み継がれてきた、永遠の文学の金字塔が新装版に!群像新人賞、芥川賞受賞のデビュー作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(14

starstar
star
2.42

読みたい

44

未読

21

読書中

5

既読

124

未指定

102

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

紫陽花

(無題)

starstarstar 3.0 2021年01月12日

読むのになかなか体力と気力のいる作品だった。 ほんの薄い一冊なのに、ずいぶんとエネルギーを取られた気がする。

全部を表示

本読むマン

(無題)

starstarstar
star
3.3 2020年12月13日

著者の表現力が豊かで気持ち悪くなってしまう場面が多々あった。暴力やドラッグなどが蔓延る世界は私にとっては非日常的なもので、非常に興味深かった。 衝撃を受けるシーンが多く続きが気になってしまい駆け足で読んでしまったが著者の表現力について行けていない部分もあったので時間を空けてもう一度読んでみたいと思います。 好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思います。因みに私は好きです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください