空飛ぶタイヤ(上)

講談社文庫

池井戸 潤

2009年9月15日

講談社

759円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(64

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

29

未読

54

読書中

7

既読

522

未指定

416

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

--
0
2019年12月06日

みんなのレビュー (2)

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2018年04月12日

空飛ぶタイヤどころから 会社が飛びそうですね笑 中小企業の大変さ、大企業の傲慢さが リアルに描かれています! 後編に期待です(>_<)

全部を表示

Readeeユーザー

後半に続く❗赤松さん、がんばれー👊😆🎵

starstarstarstarstar 5.0 2017年06月27日

門田くんが戻ってきてよかった。 人は見た目に寄らないのだ 赤松さんも、間違いを認めて謝ることができるという人間性に好感がもてる。 1億円の補償金を切って、部品返却を押し通すなんて、かっこいい 風向きは変わった! 仕事も回せてもらえて、銀行も紹介してもらえて、週刊誌が見方に付いた今、後半に向けて、加速中~☆☆

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください