中原の虹 (4)

講談社文庫

浅田 次郎

2010年10月31日

講談社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新生中華民国に颯爽と現れたカリスマ指導者・宋教仁。しかし暗殺者の手により時代は再び混乱し、戊戌の政変後日本に亡命中の梁文秀の帰国を望む声が高まる。極貧の中で生き別れた最後の宦官・春児と馬賊の雄・春雷はついに再会を果たす。そして龍玉を持つ真の覇者は長城を越える!魂を揺さぶる歴史冒険小説、堂々完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

8

未読

14

読書中

0

既読

75

未指定

88

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください