指し手の顔(上) 脳男2

講談社文庫

首藤 瓜於

2010年11月12日

講談社

946円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元関取が愛宕市内で突然暴れて多くの死傷者を出し、精神科の入院歴が問題にされた。他にも事件を起こした元患者たちが揃って直前に行方不明になっており、精神科医の鷲谷真梨子は患者の話から監禁に使われた小屋を探しあてた。が、事件の鍵を握る医療ブローカーと小屋を監視していた刑事二人が殺される。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.8

読みたい

2

未読

12

読書中

0

既読

59

未指定

52

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

首藤瓜於「指し手の顔 脳男Ⅱ」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください