三国志曹操伝(上)

講談社文庫

塚本青史

2011年2月28日

講談社

900円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幼い皇帝を巡り、宦官と外戚が熾烈な権力争いを繰り広げていた後漢末の中国。後宮では巫蠱という呪術が流行し、民衆の間では新興宗教・太平道がのさばり始めていた。混乱の都・洛陽を掌握したのは、冷酷な将軍・董卓。青年・曹操は、この乱世を虎視耽々と見つめながら、「姦雄」として歩み出そうとしていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

1

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください