リベルタスの寓話

講談社文庫

島田 荘司

2011年8月31日

講談社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ボスニア・ヘルツェゴヴィナで、酸鼻を極める切り裂き事件が起きた。心臓以外のすべての臓器が取り出され、電球や飯盒の蓋などが詰め込まれていたのだ。殺害の容疑者にはしかし、絶対のアリバイがあった。RPG世界の闇とこの事件が交差する謎に、天才・御手洗が挑む。中編「クロアチア人の手」も掲載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.6

読みたい

5

未読

11

読書中

0

既読

26

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

 

starstarstar
star
3.8 2021年11月03日

御手洗シリーズで、久しぶりに面白かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください