北門の狼 重蔵始末(六)蝦夷篇

講談社文庫

逢坂 剛

2012年10月31日

講談社

995円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

長崎での勤めを果たして江戸に戻った重蔵は、かねてより念願の蝦夷地巡見隊に加わることになった。日の本ならざる最果ての北の大地で一行を待ち受けるのは、信じ難いほどの自然の猛威と公儀を脅かす内憂外患。さらに憎きあの仇敵までもが重蔵を追いかけてくる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

1

読書中

1

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください