虚ろ舟 泣きの銀次参之章

講談社文庫

宇江佐 真理

2013年4月13日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

五十路を目前にした岡っ引きの銀次。長女が嫁に行くその日、不穏な事件の知らせが届く。翌朝、胸騒ぎを覚えた彼が見たのは轟音とともに過ぎていく空飛ぶ物体だった。以来、銀次の周りでは奇怪な事件が起こり始める。「虚ろ舟」と呼ばれるこの光る球は吉兆か、それとも凶兆か。「泣きの銀次」シリーズ最終章。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.55

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

16

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください