奉行の杞憂

八丁堀手控え帖

講談社文庫

稲葉稔

2013年6月15日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北町奉行所内で同心が若い同僚に刺される刃傷事件が。そして告発の捨訴が投げ入れられた。鳥居耀蔵らの介入を警戒する遠山奉行は、隠密廻りの十兵衛に内偵を命じる。奉行所内部の事件に、十兵衛得意の独断専行は通じるのか?そして、想いをかよわすお仙との仲も、新たな展開に…!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください