妖怪アパートの幽雅な日常9

講談社文庫

香月 日輪

2013年11月16日

講談社

583円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

高校最後の文化祭準備が始まった。夕士のクラスの出し物は男子学生服喫茶だ。担任の千晶には禁断のコスプレ姿で喫茶店のオーナーをやってもらうことになった(なんでも千晶はかつてクラブ経営をしていたらしい)。準備の真っ只中、夕士は自分のノートに悪口が書かれていることに気づく。一体誰なのかー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.8

読みたい

19

未読

18

読書中

0

既読

143

未指定

120

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0

安心して読めるシリーズ。 元々は児童書なだけあって、シンプルな言葉が多いけどその分ストレートに心に響く。 年齢的に詩人や画家のポジションになってきたこともあり、主人公のことばより大人たちの言葉に対して「うんうん、そうなんだよ夕士くん」となってしまう。 商業高校での男子学生は、まさしくこんな感じ。 その辺りのことも懐かしく読めた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください