黒猫館の殺人〈新装改訂版〉

講談社文庫

綾辻 行人

2014年1月16日

講談社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は見破ることができるか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstarstar
star
4.09

読みたい

29

未読

37

読書中

2

既読

188

未指定

81

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あじこ

(無題)

-- 2020年06月20日

新装版て文字が大きいのね…それだけの理由ではないだろうけど、読みやすかったです。厚みもほどよい。 館トリック、北海道が舞台?だから、余計に騙されちゃった感があったわ~。 犯人あてとか正体あてがメインでは無いっぽい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください