帝王、死すべし

講談社文庫

折原 一

2014年12月13日

講談社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

息子輝久の日記を盗み見た野原実は衝撃を受けた。『てるくはのる』日記には赤裸々ないじめの告白があった。服の下の無数のミミズ腫れ。中心にいるらしい「帝王」とは誰か?夜の公園で繰り返される襲撃事件。息子は学校を大混乱させることを考えているらしい。叙述トリックの名手が用意した驚倒の結末とは!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

1

未読

3

読書中

1

既読

8

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください