伊勢神宮の暗号

講談社+α文庫

関 裕二

2013年1月22日

講談社

770円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

伊勢神宮は何を目的に造営されたのだろうか?『日本書紀』によれば、第十代崇神天皇が宮中で祀っていた天照大神を宮の外に遠ざけたという。その神威に圧倒されたというのだ。天照大神とは何者なのだろうか。そして天照大神はなぜ伊勢で祀られることになったのだろうか。正殿の床下にある「心の御柱」の存在から、伊勢神宮の「二重構造」に着目し、隠された天孫降臨の真相に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

6

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください