ドラッカーの遺言

講談社biz

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー / 窪田恭子

2006年1月31日

講談社

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会

情報化が進展する新時代の世界経済のもとで、最も苦労する国は日本であるー。20世紀の経営思想界をリードした“知の巨人”は、こう遺して世を去った。だがー、苦境の陰に好機あり。ドラッカーの眼は、21世紀の日本が世界のメインパワーであり続けるための条件をはっきりと見据えていた。日本が担うべき役割、日本の目の前に広がるチャンス、そして日本人が達成すべき「個人のイノベーション」とは何かー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください