さよなら彦

講談社box

ウノサワスバル

2010年2月1日

講談社

1,430円(税込)

ライトノベル

双子の兄、局彦の死は、事件性のない事故、または自殺の可能性が高いと言われた。全てはその時から始まった。あるいは、その時にはもう全てが終わっていた。人間の本質をつかさどる異能者達と邂逅した双子の兄と妹は、何を得、何を喪ったのか。奪ったのは兄なのか、奪われたのは妹なのか。講談社BOX新人賞・第7回流水大賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください