私とは何かーー「個人」から「分人」へ

講談社現代新書

平野 啓一郎

2012年9月14日

講談社

924円(税込)

小説・エッセイ / 新書

小説と格闘する中で生まれたまったく新しい人間観!嫌いな自分を肯定するには?自分らしさはどう生まれるのか?他者と自分の距離の取り方ー。恋愛・職場・家族…人間関係に悩むすべての人へ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(18

starstarstar
star
3.82

読みたい

52

未読

18

読書中

3

既読

118

未指定

105

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

平野啓一郎「私とは何か 「個人」から「分人」へ」

--
0
2019年12月23日

みんなのレビュー (4)

紫陽花

(無題)

starstarstar 3.0 2021年01月07日

分人がいくつもあること、それぞれの分人の割合や分人そのものについて自分がどう感じているかによって自分自身も変わってくることについて、腑に落ちた。 人間関係で悩んでいる人にぜひおすすめしたい。

全部を表示

Readeeユーザー

アマゾンレビューに載ってた印象に残ったところ

starstar 2.0 2019年03月23日

・愛とは、「その人といるときの自分の分人が好き」という状態のことである。 ・今付き合っている相手が、本当に好きなのかどうか、わからなくなった時には、逆にこう考えてみるべきである。その人と一緒にいる時なの自分が好きかどうか? ・人間とは、他者なしでは、新しい自分になれない。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年07月04日

他者の(自分への)分人の比率が気になるのでなかなか割り切るのは難しく感じた。 しかし確かに私も幾人もの分人を使い分けて生きているのは事実。

全部を表示

nogiukwz12

ツイッター、フェイスブック、読書メーター。それぞれの自分

starstarstar
star
3.9 2018年06月07日

職場での自分、旧友と話しているときの自分、恋人といるときの自分。それぞれが「分人」という単位で存在していて、唯一無二の本当の自分という認識は正しくないこと。分人の集合体が個性であって、特定の分人が大きくなればその個性や人格に変化が出てくる。例えば、仕事が上手く行かなくなれば、職場というコミュニティで生まれた分人が濃くなり、負の雰囲気を持った人間になる。小説家である著者が物語を紡ぎながら思い至った「分人」という考え方です(解釈が間違っていたらすみません)。自分を見失っただとか、本当の自分を出せないことに苦しむ等していたら、その苦しまが軽減するのではないかと思います。コミュニティや人ととの関わりで生まれる分人を自分が好きなのか嫌いなのか。その分別がつけば、生きやすくなるのかもしれません。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください