世界史を変えた薬

講談社現代新書

佐藤 健太郎

2015年10月16日

講談社

924円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「あの薬」がなかったら、世界の運命は変わっていた!もし、コロンブスがビタミンCを知っていたら。もし、チャーチルが感染症で急死していたら。もし、モルヒネの構造が原子ひとつ違っていたら。世界の歴史は、全く違っていたかもしれない!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.97

読みたい

4

未読

4

読書中

0

既読

14

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

生物・化学に疎い人でも理解できる

starstarstarstarstar 5.0 2021年02月01日

非常に興味深い内容で一気に読んでしまった。 ちなみに2015年に出版された本なので新型コロナウイルスに関する話題は載っていない。 個人的に印象深いのは、マラリアの特効薬の研究の過程で出来た失敗作を染料に転用することを思いつき、やがて染料会社を立ち上げ大成功したというフランス人のエピソード。 成功する人はやはり目の付けどころが違う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください