春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界

講談社学術文庫

白倉 敬彦

2015年9月11日

講談社

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

それはたんなる体位解説でなく、出会いから始まる色恋の物語でもあった。最初の浮世絵師と呼ばれる菱川師宣の「四十八手」を一手ずつ紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちへの影響までをたどる。おかしくて少し切ない遊戯と諧謔の世界。わが国を代表する春画研究者による渾身の名著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

17

読書中

0

既読

2

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください