女官 明治宮中出仕の記

講談社学術文庫

山川 三千子

2016年7月12日

講談社

1,210円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

明治四二年、一八歳で宮中に仕えた華族・久世家の長女、三千子の手記。数十人にのぼる女官の職名と仕事、天皇自らがつけた源氏名とニックネーム。「雀」と呼ばれた著者は、天皇皇后の睦まじい様子に触れ、皇太子の意外な振る舞いに戸惑う。「俗の言葉でいえばお妾さん」である権典侍と、皇后の関係とは。明治宮中の闇をあぶりだす一級資料。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

4

未読

3

読書中

3

既読

16

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください