満月ケチャップライス

講談社文庫

朱川 湊人

2015年5月15日

講談社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兄妹と母さんが暮らす家に料理上手のモヒカン男がやってきた。繰り出すメニューは、男同士のムニエルにブロッコリーのウソピザ、満月ケチャップライス。家族の仲間入りのお礼にスプーン曲げの超能力まで授けてくれた。その超能力を狙う怪しい宗教団体が周囲をうろつき出し…。忘れられない「家族」の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.4

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

26

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

家族になるためには

starstarstar
star
3.2 2021年07月01日

【僕たちは家族になれるのだろうか?】 シングルマザーとしっかり者のお兄ちゃんとその妹が暮らす家。 ある朝、僕が台所に行ったら、モヒカン頭の男が眠っていたんだ。 お母さんはスナックを経営していて、寂しいのか周期的に男の人を連れ帰ってくる。 これが四度目。 なので、慣れたもので兄弟に大きな驚きもなかったというのが現実だ。 まぁ、それもびっくりなんだろうけれど。 モヒカンのチキさん(鶏に見えたのでチキンからチキさんと命名)は、見た目よりずっといい人で料理上手、満月ケチャップライスも作ってくれる。 けどね、もっとびっくりなことがあったんだ。 チキさんは超能力をもってたんだ。スプーン曲げとか金属を曲げられるっていう、ホンモノ。だから謎の組織に狙われてるんだって。 謎の組織って何!? ちょっと、頭のおかしい人なのかなと思ってたら、チキさんの周りには、あのサリン事件とかで世の中を騒がせた有名な宗教団体の影がチラホラ。そこもね、最初はヨガの練習とかする団体だったんだって。最初はどこも純粋なのかな? 兄弟がのびのびして健やかな生活を過ごせるようになって。 チキさんがお父さんになったらいいのにな。って思うくらい打ち解けたのに。 世の中は、大人の世界は、ほんとうに複雑だ。好きなだけじゃダメなんだって。 僕たちみたいに、単純だったらいいのに。 好きなものは好き。 一緒に居たいから一緒に居る。 僕たちは家族になれるのかな? チキさんの我流のお料理、とってもネーミングが面白い。 満月ケチャップライス、 嘘ピザ、 ショットガンカレー、 どれもこれも30分もあればできる簡単な料理。 そして子供がすごくよろこぶメニューばかり。 簡単で美味しい、そしてマネしたくなるお料理がたくさん登場します。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください