恋歌

講談社文庫

朝井 まかて

2015年10月15日

講談社

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

樋口一葉の師・中島歌子は、知られざる過去を抱えていた。幕末の江戸で商家の娘として育った歌子は、一途な恋を成就させ水戸の藩士に嫁ぐ。しかし、夫は尊王攘夷の急先鋒・天狗堂の志士。やがて内乱が勃発すると、歌子ら妻子も逆賊として投獄される。幕末から明治へと駆け抜けた歌人を描く、直木賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(14

starstarstarstar
star
4.18

読みたい

18

未読

22

読書中

4

既読

63

未指定

82

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

女は何のために死ねばいいのだろう。

starstarstarstar 4.0 2020年04月13日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

紫陽花

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年02月15日

初めて時代小説を読んだ 今までこういったジャンルは苦手だと思って手を出せなかった 次に本屋に行く時は朝井まかての書籍をチェックするようになるだろう

全部を表示

あきら

(無題)

-- 2019年01月06日

安政の大獄、幕末の動乱期に尊王攘夷派の水戸に嫁いだ女性。後の中島歌子の人生。生死の狭間を生き抜き恋に生きた。 朝井まかては本当に読者を自然に溶けこませるのが上手い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください