ヒア・カムズ・ザ・サン

講談社文庫

有川 浩

2015年11月13日

講談社

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

編集者の古川真也は特殊な能力を持つ。手に触れた物に残る記憶が見えるのだ。ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。彼は米国で脚本家として成功したはずだが、真也が見た真実は。確かな愛情を描く表題作と演劇集団キャラメルボックスの舞台に着想を得た一編を収録。有川浩が贈る物語新境地。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(13

starstarstarstar
star
4.04

読みたい

25

未読

5

読書中

4

既読

155

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年01月11日

思いが見える能力で空気を読みながら生きてきた真也にとって、まっすぐ直球勝負のカオルは眩しい存在。そんな二人が働く出版社、編集部の面々とカオルの父たち、周辺の登場人物が同じの二つの違った物語を書く有川さん。 すごい。あふれる才能。どちらも泣けるいい話。この本は有川さんじゃないと書けないと思う。甲乙つけがたいけど、最初の話の方が好きかな。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年06月27日

思いが見える能力で空気を読みながら生きてきた真也にとって、まっすぐ直球勝負のカオルは眩しい存在。そんな二人が働く出版社、編集部の面々とカオルの父たち、周辺の登場人物が同じの二つの違った物語を書く有川さん。 すごい。あふれる才能。どちらも泣けるいい話。この本は有川さんじゃないと書けないと思う。甲乙つけがたいけど、最初の話の方が好きかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください