星籠の海(下)

講談社文庫

島田 荘司

2016年3月15日

講談社

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

織田信長の鉄甲船が忽然と消えたのはなぜか。幕末の老中、阿部正弘が記したと思われる「星籠」とは?数々の謎を秘めた瀬戸内で怪事件が連続する。変死体の漂着、カルト団体と死体遺棄事件、不可解な乳児誘拐とその両親を襲う惨禍。数百年の時を越え、すべてが繋がる驚愕の真相を、御手洗潔が炙り出す!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstar
star
2.7

読みたい

11

未読

34

読書中

5

既読

69

未指定

100

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください