祟り婿 古道具屋 皆塵堂

講談社文庫

輪渡 颯介

2017年5月16日

講談社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

怪しげな曰く品を扱う皆塵堂で、連助という男が働き始めた。だがこの連助、幽霊や呪いや祟りの類を絶対に信じようとしない。幽霊が見える太一郎などは天敵だ。連助の婿入りが決まっている紅白粉問屋六連屋では、なぜか跡継ぎの婿が次々と早死にしていた。主の伊平次らは、祟りの正体をつきとめられるか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.57

読みたい

6

未読

1

読書中

0

既読

15

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

みんとぐりーん

コントのような怪談話

starstarstarstar
star
4.5 2019年09月20日

お人好しな人情怪談話、皆塵堂シリーズ。今回は呪われた家系に婿入りする予定の、幽霊を信じない(信じたくない)男がやってくる。放っといても良いのに、皆さん優しくて幽霊を見せないように画策する、コントのような怪談話。偽物の皆塵堂の面子が現れたり、弱いものいじめな博打打ちが出てきたり、妖刀まで最後に纏めて片付くのはこのシリーズの醍醐味。そして、登場人物達の過去やその後もちょくちょく書かれたり、想像できるのも楽しみだ。次も楽しみ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください