終わった人

講談社文庫

内館 牧子

2018年3月15日

講談社

1,034円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回すー。日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(51

starstarstar
star
3.85

読みたい

234

未読

18

読書中

2

既読

258

未指定

211

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

内館牧子「終わった人」

--
0
2019年12月11日

みんなのレビュー (2)

LILY

(無題)

starstarstar
star
3.3 2021年05月01日

切なく、悲しいシーンも多いが、最終的には「上手くいくのではないか」と思えるような明るく晴れやかな終わり方だった。 会社に雇われて、「終わった人」となることが不幸なのか?女性の私にはあまりピンと来なかった。 仕事をやりきって、悠々自適な老後で、趣味や家族にすべての時間を使えるなら、幸せじゃないのか?? でも読んでいく上で、手に職をつけて、最期まで人に必要とされながら生きていくことも幸せだと感じた。 「人に最期まで必要とされる」ためには、家族を作って、家族のために最期を生きることが、「最期まで必要とされる」方法だと思っていた。 けど、手に職をつけることがその選択肢を増やすことに繋がると感じた。 そういう意味では「最期まで必要とされる」ためにこれからどうすべきか、考えさせてくれる小説だった。

全部を表示

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2018年06月17日

今の定年世代の人達の気持ちをこと細かに描いている! 父に読ませたいです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください