アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者15

講談社ラノベ文庫

榊 一郎 / ゆーげん

2016年7月1日

講談社

704円(税込)

ライトノベル / 文庫

謎の『穴』で日本とつながってしまったファンタジー世界の『神聖エルダント帝国』と敵対しているバハイラム王国で、天変地異が連続して起き始める。バハイラムの軍人・アマテナとクラーラは、そんな異変の只中で、ミュセルの母親・ファルメルと会い、彼女が『先見』、一種の預言能力を発動するところに立ち会う。預言はなんと「シンイチが来れば!この事態は収まります!」というものだった。かくして、オタク文化交易会社“アミュテック”の総支配人・加納慎一と毎度おなじみのメンバーは、またしてもバハイラムへと赴くことに。ただ、今回はマジでファンタジー世界全体の命運がヤバそう!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください