僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。9

講談社ラノベ文庫

赤福 大和 / 朝倉 はやて

2017年6月2日

講談社

660円(税込)

ライトノベル

「時は満ちたわ。さあ、戦争を始めましょうか?」屋敷に集まった愛羽たちに、そう耕介との結婚の事実を伝えた伊吹。動揺を隠せない少女たちに、伊吹は猶予を与えるかのように告げる。自らが身を引く条件。それは、彼女たちが耕介に告白して想いを伝えること。しかし一方で、耕介がそれを受け容れず、告白に失敗した際はー二度と耕介に近づかないこと。期限は期末テスト最終日まで。天姉、シャルテ、紫月、そして愛羽。最後のチャンスと、課せられたリミットに、彼女たちは何を想い、どう振る舞うのかー!?「だって育野は、私の大切な…」ビッチ×オタクの学園ラブコメ、緊迫の第九弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください