資本論

まんが学術文庫

マルクス / 岩下 博美

2018年4月11日

講談社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

19世紀のイギリス。牧歌的な風景の広がる田舎町の三人の若者。そのうちの一人が作った小さな工場が、資本主義の発展と軌を一にして、大きな嵐を巻き起こしていく。相対剰余価値、絶対的剰余価値、労働者の疎外、搾取ー。資本論の基本的なテクニカルタームの意味を、胸を打つ恋物語とともにわかりやすく描く。「健康・教育・希望」を得るには金が要る資本主義社会。資本家は神なのか?現代まで続くマルクスの問題提起。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.53

読みたい

8

未読

2

読書中

0

既読

16

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年05月07日

資本主義社会をわかりやすく描いていると思います(>_<) 貴族は貴族という言葉は奥が深いですね(>_<)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください