興亡の世界史 東南アジア 多文明世界の発見

講談社学術文庫

石澤 良昭

2018年8月12日

講談社

1,408円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

インドと中国の影響を受けながら多彩な歴史と王朝の興亡を繰り返してきた東南アジア。なかでもカンボジアのアンコール王朝は、一二世紀半ばのインドシナ半島に最大版図を築き、石造伽藍など数々の世界遺産を残した。アンコール研究に半生を捧げた著者が巨大遺跡に刻まれた王朝の盛衰と人々の心、鎖国直前に参詣に訪れた日本人の謎などを解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

3

読書中

3

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください