時を壊した彼女 7月7日は7度ある

古野 まほろ

2019年10月17日

講談社

2,860円(税込)

小説・エッセイ

7月7日。部活仲間5人のささやかな七夕祭りを、謎の爆発が襲った。その爆発は、部長を激しく吹き飛ばし殺害してしまう。原因は、未来からきた少女2人。彼女らはタイムマシンをハイジャックした挙げ句、爆発させてしまったのだ。部長の理不尽な死をなかったことにすべく、彼らは協力して過去を書き換えようとする。だが、時を繰り返すたび、なぜか犠牲者は増えていってしまいー遡れるのは計7回、無限に思える選択肢。繰り返す青春の1日は、命がけだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.63

読みたい

3

未読

4

読書中

0

既読

7

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください