渡世人 大江戸閻魔帳(三)

講談社文庫

藤井 邦夫

2019年10月16日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

汐見橋の袂に佇み、茶道具屋を眺める旅の渡世人を不審に思った閻魔堂赤鬼こと、戯作者の青山麟太郎。男は、沼津藩に家臣を殺して手配中の凶状持、平七だった。早速、店の番頭に聞き込みをした麟太郎は、その態度に違和感を覚える。幼馴染を想うがゆえの執念に、六年前の殺しの真相は覆るのか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください