津軽双花

講談社文庫

葉室 麟

2019年12月13日

講談社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関ヶ原の戦から十年後、三成の娘・辰姫が津軽家に嫁ぐ。藩主の信枚と睦まじい日々を送るも、その三年後に家康の養女・満天姫が正室として当主のもとへ。辰姫は上野国大舘へ移るが、のちの藩主となる長男を産むーふたりの姫による戦国時代の名残のような戦さを描く表題作ほか、乱世の終焉を描く短編も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.45

読みたい

9

未読

2

読書中

1

既読

24

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください