QED 〜ortus〜白山の頻闇

講談社文庫

高田 崇史

2020年9月15日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

聖地白山を流れる手取川で発見された不可解な首なし死体。棚旗奈々と桑原崇は、全国三千社を数える白山神社の総本宮・白山比〓神社を訪れ、殺人事件に巻き込まれる。崇が白山信仰の本質を解き明かすとき、犯人の意図も白日の下に。大学生の奈々が崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

7

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください