序列一位の最弱能力

講談社ラノベ文庫

城野 白 / kr木

2021年8月2日

講談社

726円(税込)

ライトノベル

二十年前ー人類は唐突に、異能と呼ばれる新たな力を手に入れて。十年前ーその暴走により“アナザー”と呼ばれる化物が生まれた。そして、そんな化物たちを処理するのが、討伐師と呼ばれる存在だ。討伐師のひとり、寄川春近は、“怠惰な道化師”という名の異能を使う、札幌地区の序列一位。彼のもとに、舞上すぴかという少女が、東京から留学してくる。序列は最低ランクの、いわば落ちこぼれだ。春近は彼女とチームを組むことになる。序列一位と落ちこぼれ。その奇妙なパートナー関係は、やがて確かな絆へと変わっていき…!?「未来の事なんて、いいのよ。今一緒にいられれば、それで満足なの」彼らは抱えている。能力と、欠落とをー少年少女の青春ストーリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください