禍根(上)

講談社文庫

パトリシア・コーンウェル / 池田 真紀子

2023年12月15日

講談社

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ヴァージニア州検屍局長に復帰したスカーペッタは怠慢な前任者の後始末を押しつけられ、妨害や敵意にもさらされていた。女性が頸動脈と両手首を切断、殺害される事件が発生。被害者はマリーノとドロシーが結婚して暮らす新居の隣人だった。遺体の近くの線路に置かれていた一セント硬貨は何を意味するのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

14

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

絡み合いもつれ合う

starstarstarstarstar 5.0 2024年01月03日

複雑な人間関係と同時進行する複数の事件。検屍の専門用語が飛び交い、始めてシリーズを読むには疲れる。でもあらゆる要素を几帳面に説明しているので推理する楽しみがある。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください