戦争の科学

古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争

ア-ネスト・ボルクマン / 茂木健

2003年9月30日

主婦の友社

3,300円(税込)

科学・技術

戦争こそが、科学・技術の進歩の生みの親だった-。古代から、人類は戦争をおこなっていた。そして、戦争の起源から為政者たちは敵より優れた兵器をつくらんとして科学に目を向けた。古代戦車、大砲、巡航ミサイル、細菌兵器-次々と生み出される破壊兵器。アルキメデスからオッペンハイマーまで、一流科学者たちは、自らが創造した産物に、恐怖し、刺激を受け、手を貸し、そして、憎悪をもった。技術革新が戦争を変え、戦争が技術革新、ひいては人類の発展を生む-人類の四千年にわたる最終兵器探求の軌跡を見事に描き出した傑作ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください