聖・八犬伝(巻之2)

電撃文庫

鳥海永行

1995年9月30日

アスキー・メディアワークス

598円(税込)

ライトノベル

父を失った犬塚信乃は、叔母のもとで暮らし、武士になる日を夢見ていた。そこに、かつて公家に仕えていた侍・網乾左母二郎が身を寄せる。網乾は信乃が持つ関東公方家の宝刀・村雨丸に目をつける。そして、古河公方に村雨丸を献上するよう奨める。紹介状と村雨丸をたずさえ、信乃は古河公方のもとへ旅立つのだが…。関東の覇権をねらう古河公方と鎌倉管領派の争いを背景に、八つの玉が、運命の少年たちを一人ひとり結びつけてゆく。鬼道、方術いりみだれる痛快な冒険活劇、波乱の第2巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください