セブンス 2

三嶋与夢

2016年4月30日

主婦の友社

660円(税込)

人文・思想・社会 / ライトノベル

冒険者となったライエルは、元貴族の少年だ。ウォルト家の家宝である“青い宝玉”には、歴代当主たちの記憶が蘇り、ライエルに自分たちの“アーツ”を教え、助言をくれる。一方で、七人の歴代当主たちは、騒ぎ、怒鳴り、罵倒を繰り返す。ライエルにとって宝玉は、まるで呪いの道具であるかのようだった。そんな厳しい歴代当主たちだったが、盗賊団一行を捕縛した事でライエルを徐々に認め始める。特に領主貴族ウォルト家の祖ーバジル・ウォルトは、ライエルに対して歩み寄りの姿勢を見せていた。やがてバジルとライエルは、互いに理解を深めていくのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

18

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください