秋の日のヴィオロンのため息の

森瑤子

1987年5月31日

主婦の友社

1,320円(税込)

小説・エッセイ

絹のスリップ、シャブリ、オーソバージュ、白いバラ、そして、しゃれた会話…。阿里子の幸せ気分には欠かせない小道具だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください