月17世(幻の馬車が来る)

コバルト文庫

天河りら

2002年11月30日

集英社

544円(税込)

ライトノベル

煌びやかな社交界に咲く花々。その一輪に加わった璃羽は、シャルル王とダンスを踊る機会を得た。しかし、ダンスの最中に王が倒れてしまう。幸い命に別状はないものの、不安は拭いきれなかった。そんな時、璃羽は怪しい噂を耳にする。それは、首を刈る幻の幽霊馬車が現れるという、どこか“黒魔術”を感じさせるものだった。そこで、璃羽はクウガとともに噂の真相を確かめようとするが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください