疾走する月の眩暈

コバルト文庫

麻生玲子

2004年7月31日

集英社

502円(税込)

ライトノベル

大学受験を迎え、将来進むべき道を模索する千明。実は大きな“目標”があるのだが、まだ恋人の平瀬には告げられずにいる。一方、平瀬はそんな千明の“旅立ち”をそっと見守ろうと胸に決めていた。慈しみにも似た愛情が、ひたひたと千明を満たしていくが…。「今度は、俺が返す番だよー」熱く、甘く、せつなく走り出したふたりのゴールは?鮮烈ボーイズ・ラブ、ついにクライマックス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください