晩夏の手紙

蛇と水と梔子の花

コバルト文庫

足塚鰯

2005年9月30日

集英社

502円(税込)

ライトノベル

六姫が行方不明!?一郎太の屋敷に蛇の妖の兄弟・黒波と白比佐がやって来た。3日前に開かれた“園遊会”-その夜から六姫の行方がわからないのだという。兄弟は一郎太に、捜索に協力するよう依頼しに来たのだが、六姫の許婚の白比佐は、何かを隠しているようで…?猫の妖、蛇の妖、鳥の妖に加え、今度はなんと、人間まで巻き込んだ大騒動。2004年度コバルト読者大賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください